自作PythonラッパーでGoogleグループのメンバーシップをより便利に管理する

Googleグループのメンバーシップを管理する方法 Googleグループを管理するのは Workspaceのadmin SDKを利用する https://developers.google.com/admin-sdk/directory/v1/guides/manage-groups CLI gcloudを利用する https://cloud.google.com/sdk/gcloud/reference/identity/groups/memberships Cloud Identity APIを叩く https://cloud.google.com/identity/docs/how-to/setup 3つの方法があります CLI gcloudはCloud Identity APIを叩いているので、方法2と方法3は実質同じです。 方法1との違いはなんでしょう? ドキュメント読んで実際に試したところ、大きな違いは WorkspaceはGCPで作ったサービスアカウントをメンバーとして追加できない(それはそう) gcloudあるいはCloud Identity APIだと有効期限付きでメンバー追加することが可能 Googleグループによってセンシティブな情報のアクセス制御する際に、有効期限付きでメンバー追加する機能を利用すると、セキュリティを担保できるので、使い勝手がかなり良いと思います。 シェルスクリプトを書いてGoogleグループ管理を自動化する場合であれば、ローカル環境やリモート環境(EC2やCloud Runなどを含めて)問わず、gcloudは断然便利です。下記のコマンドで一発aliceさんを1時間有効期限付きでグループgroup_name@email.comに追加できます。 gcloud identity groups memberships add --group-email="group_name@email.com" --member-email="alice@email.com" --expiration='1h' 一方、アプリケーションなどに組み込みたい場合は、Cloud Identity APIを叩くことになります。 現時点(2022.10.1)Cloud IdentityはBigqueyなどのサービスのような公式SDKが存在しなく、APIのドキュメントも若干わかりづらいので、この度より便利にアプリケーションからGoogleグループを管理するために、Pythonラッパーを作ってみました。簡単に修正すれば他言語でも利用できる(はず)です。 Pythonラッパー 認証 Cloud Identity APIを叩くのに、言うまでもなく認証が必要です。 キーによる認証は公式のドキュメントにあるため、コピペすればOKです。 https://cloud.google.com/identity/docs/how-to/setup アプリケーションをCloud Runなどにデプロイしている場合、キーを使わずにサービスアカウントとして認証する方法もあります。 from httplib2 import Http from oauth2client.client import GoogleCredentials from googleapiclient.discovery import build def create_service(): credentials = GoogleCredentials.get_application_default() service_name = "cloudidentity" api_version = "v1" return build( service_name, api_version, http=credentials....

October 2, 2022 Â· Me