自作プロキシサーバで海外のサービスを利用しよう

本記事に書かれていることを実践する際は自己責任でお願いします。不都合などが生じた場合、責任を負いかねます。 背景 日本のインターネット環境は比較的自由ですが、海外のサービスを利用際には大人の諸事情によってサイトがリダイレクトされて利用できない場合があります。 制限されるのはあまり気持ちよく感じないのとWeb閲覧時自分のプライバシーを保護するため、 先日自作プロキシサーバを自作しました。 本記事では主にHowに焦点を当てて紹介します。関連技術のWhatとWhyについては深く言及しないので、公式ドキュメントまたは他の解説記事をご参照ください。 雑なアーキテクチャ図 利用技術・サービス AWS Lightsail 仮想プライベートサーバ 3ヶ月無料 $3.5/月 ムームードメイン 3000~4000円/年(申請するドメインによる) gost OSS Webサービスを装うために使う Cloudflare gostを使うのに必要 無料プランで十分 SwitchyOmega OSS クライアント側の設定 あくまでも一例で最適解ではないです。 事前準備 VPS(仮想プライベートサーバ)を契約 今回は、AWSが提供しているLightsailという軽量仮想プライベートサーバのサービスを利用しますが、EC2やHerokuなど他のサービスを利用する場合もまったく問題ありません。リージョンは日本以外(例えばUS)に設定しておきます。AWSのCLIを利用する場合、AWS IAMなどを設定する必要がありますが、今回は基本的にいじらなくても良いです。 Lightsailでサーバを立ち上げたら、AWS CloudShellからサーバにアクセスできます。ローカルに慣れている方はキーをダウンロードして、sshでアクセスしても構いません。 念のため、 curl ipinfo.io を実行して、設定しているリージョンの住所と一致しているか確認します。 また、HTTPSを利用するため、Networking -> IPv4 FirewallからHTTPSを追加しておきます。 ドメインを取得 昨今の円安の影響で海外のドメインレジスターサービス(例えばGoDaddy)がかなり高くなっているため、国内サービスムームードメインを利用してドメインを取得しました。 Cloudflareアカウントを作成 WebサービスでもないなのになぜわざわざCloudflare使う理由 簡単に言えば、VPSのIPがブロックされる可能性はゼロではないのとプロバイダ側にIPアドレスを変更してくれないケースが多いためです。CloudflareなどのCDNサービスを挟むことでわずかな遅延が発生するかもしれませんが、可用性を向上させることができます。また、Cloudflareは無料枠を提供しており、WebSocketプロトコル (gostを使うのに必要なもの)に対応しているため、今回ユースケースに適しています。 ログインした後ガイダンスにしたがってネームサーバを設定します。 続いて、ムームードメインからデアフォルトのネームサーバを変更します。 詳細はネームサーバのセットアップ方法(GMOペパボ以外のサービス)にご参照ください。 最後はサブドメインのレコードを追加して、立ち上げたサーバのIPアドレスと紐付けます。 IPv4 FirewallにHTTPSを追加しておかないと動かないので気をつけてください。 https://developers.cloudflare.com/dns/manage-dns-records/how-to/create-subdomain/ 事前準備が完了したので、いよいよサーバ側を設定を始めます。 サーバ側の設定 Dockerエンジンをインストール Docker公式ドキュメントを参考にしてDockerエンジンをインストールします。 # Add Docker's official GPG key: sudo apt-get update sudo apt-get install ca-certificates curl gnupg sudo install -m 0755 -d /etc/apt/keyrings curl -fsSL https://download....

October 17, 2023 Â· Me